【子どもの歯について・2】

生えかわりの仕組みとその時期 身体と同様に、顎も成長に伴い大きくなり、噛む力も強くなります。 歯も「乳歯」から「永久歯」へと一回り大きいものとなり、成長に適した形態へとモデルチェン …(続きを読む)


【子どもの歯について・1】

歯の大切な役割 食べ物を良く「噛む」こと(咀嚼)により、食事の栄養をより効率良く身体に吸収させることは歯の最も大切な役割です。 良く噛むことが食事の量を減らすことに繋がり、肥満など …(続きを読む)


【子どもの骨の成長について】

骨の成長 子どもの身長は、生まれたとき50cmくらいですが、4歳には大体100cm、7歳になると120cmほどになります。 この身長の増加は、骨が伸びることで得られます。 骨が伸び …(続きを読む)


【ビタミンDについて・2】

ビタミンDが欠乏すると「くる病」になります。 「くる病」とは骨が軟らかくなり、変形しやすくなる病気で、O脚やX脚、関節の腫れを来し、歩き方も異常になります。 「くる病」にはさまざま …(続きを読む)


【ビタミンDについて・1】

ビタミンDはホルモンです。 通常私たちの体はビタミンを作ることができませんが、ビタミンDは食事からだけでなく、日光(紫外線)があれば作れます。 ビタミンDは、他のホルモンと同様、受 …(続きを読む)