「ヨーグルトの習慣的な摂取と中耳炎予防 全国出生コホート調査(エコチル調査)の乳幼児約10万組のデータから」エコチル調査のデータを用いた研究論文が発表されました。

エコチル調査にご協力いただいている皆さまのデータを用いて書かれた、「ヨーグルトの習慣的な摂取と中耳炎予防 全国出生コホート調査(エコチル調査)の乳幼児約10万組のデータから」の論文が、2023年5月17日付で「Probiotics and Antimicrobial Proteins」に掲載されました。

近年の研究により、プロバイオティクスには中耳炎の予防効果があることが知られています。しかし生活習慣としてヨーグルトを摂取することにどの程度の効果があるかについては不明でした。東北大学病院の土谷忍助教らのグループは、環境省が実施している子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)の 95,380 組の親子を対象に、中耳炎発症の有無(6 か月、1 歳、1 歳半、2 歳時点での罹患を確認)と、母子それぞれのヨーグルトの習慣的な摂取頻度の関連について解析を行いました。その結果、ヨーグルト摂取が高頻度なほど、乳幼児期の中耳炎発症リスクが低下することを認めました。最も顕著な効果は生後 6 カ月で認められ、摂取しない群と比較して、毎日ヨーグルトを摂取する子どもでは 37%のリスク低下が統計的に有意であることが示されました。

※本研究の内容は、すべて著者の意見であり、環境省及び国立環境研究所の見解ではありません。
※この研究をもって乳製品の積極的な摂取を推奨するものではありません。

詳細については下記のリンク先をご覧ください。

【関連リンク】
ヨーグルトの習慣的な摂取と中耳炎予防 全国出生コホート調査(エコチル調査)の乳幼児約10万組のデータから
(東北大学大学院医学系研究科・医学部webサイト)