「両親の喫煙が2、4歳時の収縮期血圧の高さに関連」エコチル調査のデータを用いた研究論文が発表されました。

エコチル調査にご協力いただいている皆さまのデータを用いて書かれた、「両親の喫煙が2、4歳時の収縮期血圧の高さに関連」の論文が、2023年8月26日付で「Pediatric Research」に掲載されました。

日本人成人の高血圧の有病率は高く、小児期からの高血圧予防が重要です。しかし、日本人小児の血圧についての大規模なデータはありませんでした。東北⼤学⼤学院医学系研究科発達環境医学分野/エコチル調査宮城ユニットセンターの大田 千晴(おおた ちはる)教授、同大学院生の金森 啓太(かなもり けいた)医師らの研究チームは、「子どもの健康と環境に関する全国調査」(以下「エコチル調査」)の詳細調査に参加した4,988人の2歳、4歳時点での血圧平均値を算出し、体格、基礎疾患、環境要因などとの関連を検討しました。本研究では、日本人幼児の血圧値と、体格、基礎疾患、環境要因などとの関連を検討しました。その結果、4歳の血圧に影響する因子として、男児、肥満、親の喫煙、妊娠高血圧、親の低学歴を指摘しました。そのうち、男児、肥満、親の喫煙は、2歳の血圧にも影響があることを明らかにしました。喫煙の影響についてさらに調査したところ、2歳時点から児の血圧に影響を与える環境因子として親の喫煙を指摘し、幼児期からの受動喫煙を回避することが、将来の生活習慣病や高血圧を予防するために重要であることを示しました。

※本研究の内容は、すべて著者の意見であり、環境省及び国立環境研究所の見解ではありません。

詳細については下記のリンク先をご覧ください。

【関連リンク】
両親の喫煙が2、4歳時の収縮期血圧の高さに関連 幼児期からの受動喫煙の回避が将来の生活習慣病や高血圧予防に重要
(東北大学大学webサイト)